海外の浮気事情 ~欧米編~

海外の浮気事情 ~欧米編~

外国人の浮気に対して、どんなイメージを持っていますか?
日本より浮気が多そうと思っていたりしないでしょうか。

海外の浮気事情は国によりかなり異なりますから、ここではラテン系を除く欧米諸国の浮気事情についてお話しましょう。

欧米の浮気率は!?

欧米の浮気率は日本とそんなに変わりません。
単につきあっている段階でも、結婚後でも、浮気をする人は浮気をしています。

因みに、既婚者の浮気については、日本では浮気相手にも慰謝料請求ができますが、欧米では浮気相手には慰謝料請求ができないのが基本のようです。

キャバクラや風俗を浮気に含めるなら、日本の浮気率の方が高いのではないでしょうか。
欧米にはキャバクラのような場所はありませんが、風俗に行くということは日本よりももっと恥ずかしいことだと捉えられており、どうしても彼女が出来ないような人が行く場所のようです。

キャバクラはありませんが、英語にはflirtという言葉があり、これは日本語で表現をするのは難しいのですが、「いちゃつく」「じゃれあう」というのが一番近いでしょうか。
浮気は欧米でも基本的にNGと思われていますが、flirtingは特にNGというわけではありません。
勿論肉体関係は含みません。

どちらかというと、言葉でじゃれ合っている感じです。
これがあるので、キャバクラがなくても浮気をする必要がないのかもしれませんね。

北欧には不倫用の出会い系サイトがある!?

欧米といっても、北欧になると全く違ってきます。

北欧は個人差はあるものの、比較的性に奔放なようで、人によっては肉体関係を持ってもそれは浮気ではないと思っている人も少なくありません。
不倫用の出会い系サイトまであり、大人気なようです。
そこまで公にされると、逆に浮気をしようなんて思わなくなりそうですね。

一緒に読まれている記事