海外の浮気事情 ~ラテン系編~

海外の浮気事情 ~ラテン系編~

ラテン系の国々というと、情熱的で明るいイメージがあるのではないでしょうか。
あまりラテン系についてご存知無い方の為に、どこの国がそれにあたるかというと、中南米諸国、スペイン、ポルトガル、フランス、イタリアなどです。

ここでは、そんなラテン系諸国の浮気事情についてご紹介しましょう。

ラテン系は綺麗な女性に目がない!?

ラテン系男性たちのことをラティーノと呼びますが、ラティーノは本当に肉食です。

フランスやポルトガルでは勢いはもう少し穏やかではありますが、全体的に男性は綺麗な女性に目がなく、その辺を歩いているだけでも、美女が居れば凝視しますし、「可愛いね」などと褒め言葉を投げかけたりします。
当然自分の彼女に対しても情熱的ですし、褒め言葉もバンバン言う方が多いようです。
相当ロマンティックですし、日本人が絶対に言えないようなクサーいセリフも平気で口にします。

ラテン系は相当な浮気性が多い!?

そんなラティーノたちですが、相当浮気性なことでも名高いです。
そしてそれは割と本当だったりします。
それだけロマンティックな言葉をバンバン言えるので、女性をナンパするのに抵抗が無い方が多く、例え彼女がいても隙あらばと思っている人も多いです。

男性がそんな感じなので、女性達は嫉妬深い方が多いのもラテン系諸国の典型なようです。
勿論、浮気をしない男性やシャイな男性もいます。
ですが比率的には浮気をする方は多いですし、浮気に対する抵抗感や背徳感もあんまりないのか結構堂々と浮気をしています。

但し、ラテン系女性は嫉妬深いため、一応ラティーノたちはパートナーに対しては浮気を隠そうとします。
後でバレると大変なことにるので。

 

因みに余談ですが、ラテン系諸国は綺麗な女性が多いのですが、それは遺伝子の関係というよりも、男性方が常に褒めまくるので、男性の目を意識せざるを得ずどんどん綺麗になって行くのではないでしょうか。

[Publicity01]

一緒に読まれている記事