ホステスとの関係は浮気じゃない!?

ホステスとの関係は浮気じゃない!?

ホステスやキャバ嬢との関係は浮気にあたるかどうかについて、先日ニュースで話題になっていましたね。

このニュースですが、実際に問題になったのは2014年ですが、メディアが取り上げたせいか今頃その衝撃的な判決が騒ぎになっているようです。

騒ぎの大枠は、「ある会社経営をしている男性が銀座のクラブの常連で、そのクラブのホステスであるママと肉体関係を持っていて
それを男性の妻がママに慰謝料請求をし、裁判した結果、男性とママとの関係は不貞行為どうこうでなく枕営業として、不倫にならなかったようです・・」

驚くべき点はいくつかありますが、まず男性とママとの肉体関係が1回や2回ではなく、月に1・2度という驚く回数ですね・・。
数年も前から関係が続いていたそうで、週末にランチをしてそのままホテルへいって関係をもっていたようです。
(土曜日も仕事するなんてうちの旦那は働き者だなぁと思っていたら、ちゃんとした仕事じゃなかったんですね・・。)
女性からしたら旦那がそういった関係になっていれば、判決どうこうではなく完全に旦那の浮気と見なしますよね。

これまで、旦那がホステスがいるような店にいくことを「接待だから・・」とか「仕事の付き合いだから・・」といって許してきた世の妻も多いと思います。
もしくは、ホステスは素人女性ではないから大丈夫だと安心しきっていた女性も多いのではないでしょうか。
その感覚がこの判決によって大きく変わりますね!

次に枕営業ということが認められた点です。
世の中的にはここが一番驚くべき点ではないでしょうか。

枕営業と認められたということは、浮気や不倫にはならないということですね。少なくともホステス側は。
世の既婚女性からすればどう考えてもれっきとした浮気や不倫だと思うのですが、今回の裁判上そうはならなかったみたいです。

つまり、ホステス以外にも世の中には売り上げをあげないといけない営業職や接客業で働いている女性が多くいますが
これらの方が売り上げをあげるために男性と肉体関係を持っても枕営業と言えば不倫にならないということになってしまいます。
世の既婚女性からしたら怖い話ですよね!
周りの敵が増えるというか、周りの敵がかなり強くなった気分ですね・・。

ただ、必ずしも今回のような判決にはならないと思いますので、あくまでも先ほどの話は極論ですが
女性からしたら納得のいかない裁判かつ判決だったのではないでしょうか。

旦那の言う「仕事の付き合いだから」という言葉に、以前より怪しんでしまう女性が多くなるのは間違いないですね。

一緒に読まれている記事