浮気男の盲点(1) ~下着の痕跡~

浮気男の盲点(1) ~下着の痕跡~

男でも女でも浮気した場合、証拠は必ず残ります。
1度程度の遊びでも残る場合がありますし、やはりクセになってくるので浮気の回数が増えたり、浮気相手に本気になってきた場合など、証拠の隠滅が難しくなるものです。

そこで、浮気男の盲点として、今回は「下着の痕跡」について説明します。

例えば、外出の時間や帰宅時間の変化、もしくはお洒落になったり服のテイストが変わったりというファッションの変化など、そういったものが外的な変化とします。
これは気づきやすい変化ですよね。
浮気している期間が長引けば、かなりの確率で怪しくなってきますしね。

ただ、そういった外的な変化だけではなく、内的な変化があることも忘れてはなりません。

それは広い意味では心理的な変化でもありますが、なかなか目に触れない部分にも出てきます。
その代表が、下着です。

もうお分かりですよね!?

それはすなわち、浮気をして帰ってきた夫の下着です。

やや下品な話になりますが、エッチしたあと、男性の体からは少し精液がもれています。
そのまま下着をはくと、それが下着につくわけですが、ほとんどの男性はその事実を忘れており、帰宅してそのまま下着を脱いで洗濯かごに放ってしまいます。

もしも帰ってくる前に、臭いがついたり、乾くと気持ち悪いということでシャワーを浴びたとしても、あとで少しもれることもあります。
トイレをした後でも。これらは個人差や状況により変わりますが。

もしもあなたが、夫の浮気を疑っているのであれば、下着チェックを一度してみるといいかもしれません。
精液は乾くと硬くなりますから、感触だけでわかるはずです。
黒や濃い色の下着であれば、見た目でもかなり分かり易いです。

考えてみれば、成人した男性が、外で一人、精液を出してくる行為をしているはずがありませんよね。
まあそれは、成人でなくても同じですが・・。

つまりこれは浮気している決定的証拠であるのです。

ただし、いわゆる「風俗店」に行った可能性もあります。
これは浮気とはちょっと違いますが。
ただ浮気以上に嫌がる方も中にはいますので、それを防ぐのにもチェックは効果があると思います。

また、下着の残り香も、見逃してはならないポイントです。
もしも薄着で彼女と抱き合っていれば香りが移りますし、その後自宅まで、上に着るものでガードされているために香りが残ることになります。

ラメやファンデーションなどの化粧なども付着する時がありますし。

私の知り合い(女性)で、帰宅後に夫から下着チェックをされた方もいます。
女性がですよ!

まあ幸い!?といって良いのか、彼女は無罪でしたが、それほどに下着は雄弁に浮気を物語ります。
女性でも同じようなことがありますしね。

下着をチェックすれば、言い訳やアリバイなどどうにも通用しない、確固たる証拠を見つけることができると言えるでしょう。

敢えて証拠が見やすい濃い下着などをプレゼントするのも良いでしょう。
浮気する時に古い下着より、新しい下着を身につける可能性が高いことですしね。

[Publicity01]

一緒に読まれている記事