浮気男の盲点(2) ~匂いは最も消しにくい~

意外と消しにくい浮気の証拠「匂い」

浮気をしている夫が意外と消しにくい証拠は、匂いです。

よく浮気確定の証拠に、携帯やスマホのメールや通話履歴が問題となりますが、たとえ不自然だったとしても、これらは簡単な操作で完全に証拠隠滅ができます。

そもそも携帯やスマホの中を見るのは難しいですし。

チャンスがあるのは、夫が寝ている間か、お風呂に入っている時くらいでしょうか。
ただ、パスコードをかけられていたりするため、必ず見れるわけではないですね。

それに比べ「匂い」、すなわち女の匂いは、気づきやすいです。
すぐに消すのは難しいですし、本人がまとっている匂いのため、本人は気づきにくいです。

消すには、他の香りでごまかすか、服を洗濯するか、時間の経過を待つほかありません。
それは夫にとっては困りものですが、妻にとっては夫の浮気を見破る糸口となります。

例えば、女性であれば、髪の匂い消しや制汗スプレー、香水など匂いを変えることができるアイテムを持ち歩いていることが多いため隠しやすいのですが、男性はなかなかそういった匂いを変えるアイテムを持ち歩いていないため隠しにくいです。

仮に匂いを変えるため、夫が良い匂いをつけて帰ってきたら逆に怪しいですし、すぐ気づきますよね。

さて夫が浮気していたとすると、どこにその女の匂いが残っていると思いますか?

実は、最も香りが残りやすいのはスーツやワイシャツなどの上着です。

理由は・・・と言うと、あなたは想像したくないかもしれませんが、服を着たまま女と抱き合えば、自然と香りは移るものですよね。
髪の匂いや服の匂いがうつったり、顔のファンデーションがつくことだってあります。

上着の次は、下着もまた有力です。
これもまた想像したくないでしょうが、そういう行為の時に匂いが付くためです。

 

他にも、夫の車にも匂いは残りやすいです。

もし夫がタバコを吸う場合は難しいですが、タバコを吸わない場合、浮気相手を車に乗せていると、男にはない香りが残るものです。
そのため、常に良い匂いの芳香剤を強めにしている場合も、ちょっとあやしいですね。

ただし、服にせよ車にせよ、匂いを見破るためには、常日頃から夫の匂いに注意していなくてはなりません。

それも、「おかえり」とお迎えした直後の第一印象です。
特に気をつけたいのは、帰りが遅くなった日や、出張から帰った日ですね。

仮に翌日になり、洗濯かごにシャツなどが入っていたとしても、そこにもし女の匂いがついていれば、女性なら分かるはずです。
ただし、匂いだけで浮気と断定することはできませんから、匂いがあやしいと思ったら問いただすのではなく、帰宅時刻や夫の他の行動と併せて見定めていき、そこから材料を集めていきましょう。
あくまでも冷静に、何も気づいていない妻を演じながら。

[Publicity01]

一緒に読まれている記事